Category : あなたの知らない囲碁将棋の世界

この言葉、囲碁が由来って知ってました?

将普段何気なく使っている言葉の中には、囲碁が由来であるものが結構あります。ここではその一部をご紹介しましょう。

意外に多い?囲碁由来の言葉

『一目置く』

囲碁は実は先手が有利と言われています。そのため実力に差がある者どうしが対局する際、先に弱い側から石を置きます。いわばハンデのようなものです。これが転じて、「あなたは私より優れている」という敬意を表現する際に使われるようになったとか。誰からも一目置かれる存在に、なりたいものですね。

『下手を打つ』

この言葉も囲碁が由来です。勝負の時に悪手を打つことが転じて、間違った意志決定をしてしまうことを指します。良く関西人の方が「下手うってもうたわぁ~」というあれです。

『駄目』

これは誰でも使ったことがあるでしょう。「○○をしたらダメだよ!」「○○がダメになってしまった」何気なく使っている言葉ですが、由来は囲碁です。局も終盤になると、最終的に自分のものにも相手のものにもならない地というものが出来ます。これは全くの無意味なものです。転じて、役に立たなかったりすることをダメと呼ぶようになりました。

『死活問題』

碁の石が死ぬか生きる(活きる)かを表した言葉が「死活」です。これをまとめて問題集にしたものを「死活問題」と呼んでいました。今では商売がうまくいくかどうかといった場面で使われる言葉です。

『八百長』

一時期、相撲業界を賑わせた言葉ですが、実は囲碁とも深い関わりがあります。江戸時代の末期に八百屋の長兵衛という人物がいました。皆は略して八百長と呼んでいたそうです。彼はよく相撲の親方と碁で対局を行っていました。実際は長兵衛の方が強かったそうですが、親方のご機嫌を伺うためにあえて一勝一敗になるよう仕組んでいたそうです。この話が転じ、表向きは真剣ですが、勝負の行方はあらかじめ決めておくことを八百長と呼ぶようになりました。

囲碁が由来の言葉は実はまだまだあります。「捨て石」「布石」「大局観」など、自分で調べてみるのも楽しいかも知れませんね。

Recommend