Top> あなたの知らない囲碁将棋の世界

コンピューター将棋は、もしかしたらいずれ人間を遙かに超えてしまうのかも知れません。2013年4月に行われた「第2回電王戦」は、将棋界を震撼させました。

囲碁にまつわる様々な豆知識を知れば、きっと興味がわいてきます。お友達との会話の中で、博識さをアピールするのにも最適でしょう。

将棋をよく知らない人でもこの人の名前は知っているのではないでしょうか?『羽生善治』。将棋界ではじめて7タイトルを全て獲得した天才です。

実は、私たちは日常生活の中で将棋用語を結構使っています。元々の意味を知ればその言葉がもっとよくわかりますし、将棋への興味も高まるかも?

今のプロ棋士は個性派揃い!これからの将棋界を担っていく若い才能に期待しつつ、将棋の普及にも一役買って欲しいです。愛すべきキャラクターたちをご紹介します。

将棋由来の言葉がたくさんあるように、囲碁から派生した言葉もたくさんあります。気づかないうちに使っている言葉を探してみましょう!口に出す度、囲碁のことを思い出してしまうかも?

囲碁をする人なら誰もが知っているであろう、江戸時代に生きた囲碁の大天才「本因坊秀作」について解説を行っています。彼の人生を少し駆け足で、辿ってみませんか?

囲碁や将棋にはプロ制度があります。つまり、大好きなゲームで収入を得ることが出来る訳です。「毎日駒や碁石握ってるだけでお金がもらえるなんて、楽な商売だなぁ」というイメージは間違い。なるのも、なってからも大変なプロの世界をご紹介します。

将棋の羽生、囲碁の井上と言われるほど、今囲碁界の最注目株である井山裕太。輝かしい戦績は、人々に最強の日本人棋士の誕生を期待させています。今後の彼の活躍から、目が離せません!

たとえプロでも人間です。時として、周りを「あちゃ~」と言わせてしまうような行動に出ることもあります。そんなプロ棋士の皆さんが、思わずやってしまったエピソードを紹介していきます。

プロの将棋の世界には、「タイトル」が存在しています。将棋の素人の方でも、「名人」ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか?しかし、すべてのタイトルを答えられる方は少ないのでは?

「コンピュータ将棋世界選手権」をご存知でしょうか?プログラミングされた膨大なデータから最善の一手を計算して、算出された手をさしていく将棋の大会です。そして、人間が初めてコンピュータに屈する時が来ました。

将棋の世界は、かなり閉鎖的と言えます。そんな世間相場からは隔絶された世界に生きる棋士たち。ところで、プロ棋士の年収はどの位なのかご存じですか?

プロの将棋の棋士として生きるには、やはり負けず嫌いであることは欠かせません。負けず嫌いだからこそ悔しさをエネルギーに変えて努力されているのですが、中には「そこまでしなくても…」という、棋士の皆さんのエピソードもたくさんあります。

将棋をみんなで楽しめる場所と言えば、「町の将棋教室」や「将棋小屋」でしょう。そのような場所以外にも「将棋を楽しめる場所」があることをご存知でしょうか?

将棋は頭のスポーツであると同様、プレーする者が守らなければならないマナーもあります。お互いが気持ちよくプレーできるよう、守るべきマナーはしっかり守るようにして刈ればいけません。

日本将棋連盟は、一見するとおごそかで厳格な印象があります。しかし人間である以上、時として事件も起こります。そこで、将棋界で起こった事件を2つ紹介していきましょう。

将棋をしている人、あるいはプロの棋士に対して、皆さんはどのようなイメージを持っておられるでしょうか?「眼鏡をかけた人が多い」や「オタクっぽい」というイメージが多いと思います。そんなイメージに危機感を持った人物、それこそ将棋界の異端児「橋本崇載」です。

「将棋=男性」というイメージがありますが、最近では女性のプロ棋士(女流棋士)にも注目が集まっています。男性と違ってしなやかな指使いが美しく、男性の将棋ファンの中には、お目当ての女流棋士がいることも多いようです。

デートするなら映画やカフェに行くことが多いですが、恋人と一緒に将棋を指すのもおすすめです。一見すると地味に感じる遊びですが、『将棋カフェ』を利用するともっと楽しいので、普通のデートに飽きたら試してみましょう。

親子でも久々に会うと、何を話して良いかわかりませんよね?そこで会話の基点に利用できるのが、囲碁という娯楽です。遊びながらだと重苦しい雰囲気にはなりにくいので、親の世代が好きそうな遊びを身につけておきましょう。

高度情報化社会になった現代は、非常に便利ですよね。ですが、その分自分で考える力が失われつつあり、知能の低下が叫ばれています。

仕事では、年上上司と一緒に働くことも珍しくないですね。世代が違うとつい距離を置きやすいですが、それでは円滑に仕事も進みません。

日本の文化はさまざまなものが世界に発信されて言っています。将棋も同様でネットを使った対戦などが普及しています。

将棋の遊び方いろいろありますが過去にはかなり大きなサイズの将棋もありました。

山形県天童市の春の桜まつりでは人間将棋という人を将棋の駒に見立てたイベントがあります。

歴史上、歴代最強と呼ばれる棋士や碁好きの歴史上の偉人などさまざまな人がいますがその中でも異色の経歴を持つ棋士がいます。小説「天地明察」の主人公、渋川春海です。

過去にも今にも碁の天才がいますがこの人をなくしては今のプロ棋士はなかったのではないでしょうか?その名は本因坊算砂。

将棋の上手な人たちは数多くいますが最初の名人とは一体誰なのでしょうか。それこそ天下人に認められた腕前を持つ将棋指し、大橋宗桂なのです。

日本人に親しまれている将棋ですが実はいつ伝来したか、持ち駒などのルールの成立などいまだに解明できていない謎があります。

現在、棋士を職業とする人たちは多くいますがでは職業としての棋士はいつから始まったのでしょうか?それは戦国時代の終わり、江戸時代に入る時期にありました。

今や将棋盤が無くてもスマホやPCさえあれば将棋が指せる時代です。その中でも無料で、しかも世界中の人達と将棋が打てる81Dojoをご紹介します。