Category : テレビや漫画でも!お茶の間にも囲碁と将棋が進出?

少年誌で囲碁?「ヒカルの碁」

ヒカルの碁は世間に一躍ブームを巻き起こした漫画です。大人から子供まで楽しめる内容 で、しかも囲碁についての知識も得られる素晴らしい作品です。是非、お読み頂きたい一冊です。

囲碁ブームの立役者

囲碁は年寄りがやるもの、というイメージが強いですが、それを払拭したのが「ヒカルの碁」です。青年誌などではなく、あの超メジャー漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」で連載されました。連載開始当初、「少年誌で囲碁漫画!?」と多くの人が驚きました。しかし、良く出来たストーリーや魅力的なキャラクターはもちろんのこと、囲碁の魅力がしっかりと描かれていたこともあってか大ヒット。一気に全国で、囲碁ブームを巻き起こしました。

世代を越えて、国境を越えて

ストーリーは囲碁を題材にしている割にはなかなかはじけたものです。主人公である進藤ヒカル(当時小学六年生)が、ある日祖父の家の倉でひとつの碁盤に出会います。そこで現れたのが、なんと平安時代の棋士である藤原佐為の幽霊。彼との出会いをきっかけに、ヒカルが囲碁に興味を持ち、才能を開花させていくというものです。

この漫画は非常に人気となり、アニメ化するまでになりました。お茶の間に囲碁アニメが流れたのは、業界にとってはかなり喜ばしいことだったでしょう。番組の後半には、女流のプロが囲碁のルールを解説するコーナーまで設けられ、世間により囲碁の面白さを浸透させたと言えます。また、日本国外でも翻訳出版され、全世界にファンを増やしたと言われています。

漫画の中では基本的な囲碁のルールを説明するシーンはありますが、突っ込んだ内容は省かれています。本格的な囲碁漫画というよりは、知らない人にも楽しめることを前提としているようで、そのおかげかたくさんの読者の囲碁に対する興味をそそりました。専門用語に関してもわかりやすい解説がついており、読者を置いていくことなくストーリーが展開されていることも魅力です。

関達也初段は、この漫画をきっかけに囲碁をはじめたと公言しています。他のプロ棋士の中にも愛読家は多く、玄人からまったく知らない人にまで、広く愛されている作品と言えるでしょう。 囲碁をはじめるきっけには、これほどまでに最適な作品はないでしょう。長年親しんでいる方も、名前くらいしか知らなかったという方も、是非一度読んでみてはいかがでしょうか?

Recommend